読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ビリヤード動画と球考察

球随筆 動画 そして独り言 ようするにビリヤードを主題としたブログ

イグナシオの天敵 dodong diamond

f:id:anri-sanson:20160715041251j:plain

個人的に期待してます

 

youtu.be

 

彼は一体何者なの?

 

有名なの?

 

うまくね?

 

普通にイグナシオにノーハンデで勝ってるんですよね

 

僕が知らないだけで実は有名だったりする?

 

ここがすごい!!みたいなとこはないけど、全体的に高水準というか

 

おそらく華がないゆえ万人受しませんが、なぜだか僕はdodongに興味を持ってしまうんですよね

 

youtu.be

イグナシオ対ドドンゴ

 

youtube上では他の試合含めdodongのほうが勝ち越してます

 

彼は一体何者なのだ・・・

 

情報求む

 

これで、「国際大会優勝してるよ😊」とかだったらちょっと恥ずかしい笑

 

では

 

 

 

 

 

 

《SA級になりたい人向け》カーピンイーとウーチャーチンのダブルス《球意識低い人閲覧注意》

A級になるには人間的にどこか欠陥がなければいけない。といったような言葉、みなさま一度は聞いたことがあると思います。

 

SA級ならなおさら

 

では「世界レベル」のSA級になるには?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

youtu.be

 

 

 

 

踊れッッッッッッッッ!!!

 

 

 

当ブログ初の台湾人記事がこれですわ

 

 

 

はい、以上でーす😊

 

f:id:anri-sanson:20160713144532g:plain

 

 

 

《必見》シェーン・ヴァン・ボーニングのストローク《神記事》

f:id:anri-sanson:20160712134350p:plain

 

ブログタイトルどうでしょう

 

アフィブログっぽくしてみました

 

予行練習みたいなものです☺️

 

しかし、内容はガチです

 

Shane VanBoening's Stroke - YouTube

 

一昨年の冬頃くらいに一瞬上がっていて、しかしすぐ消された、というより非公開にされた幻(?)の「ボーニングのストロークをただ眺めてる動画」がなぜか6月22日に再upされてます

 

そのせいで視聴回数も明らかに少ないですよね

 

僕はかくかくしかじかでいつでも見れる環境でしたが、なんとなくこの感動を皆さまにも伝えようと記事にいたしました

 

僕はこの動画を1000回以上はリピートして無事、良くも悪くもレスト長めスタイルになりましたとさ

 

グリップとか肘の動きとか全てが細かく見られて、アプルトンなんてつまらん!ボーニングこそ至高!みたいなボーニング信者の方には最高の動画なのではないでしょうか(以前ボーニング信者だった私にはわかる)

 

あ、決して煽ってるわけではないので悪しからず

 

もちろんボーニングにあまり興味がない人もおそらく感動すると思います

 

当ブログで一番タメになる動画だと自負しております

 

まあとりあえず

 

観ろ!

 

ちなみにbgmも渋くて好きです☺️

 

埋め込みだと見られないようなのでurlで貼りました

 

動画貼る時、埋め込みだったりurlだったりするのは主にそのためですお許しください

 

では

イグナシオさんとかヨハンチュアさんとか

球ブログの唯一神と思うのは「ビリヤードデイズ」(以下BD)さんであります

 

毎日更新で記事のクオリティが毎回高いのはすごいの一言に尽きます

 

そんなBDさんは関東オープン関係でイグナシオの記事が多め

 

そして「情報細かすぎ!」←褒め言葉

 

いやはや、タップの種類まで調査してくれるなんて凄すぎます

 

しかも、座が付いてましたね

 

興味深い

 

ここで個人的な本題、いや謝罪

 

シャフト、mスペックとか言ってすみませんでした(´・_・`)

 

ここから言い訳

 

僕の記憶だと314って1も2も3も全部シャフトの根元、ジョイント付近に314ってロゴがあった気がしてたんですよ

 

そもそもそこが間違えていた可能性が高い笑

 

それでね、関東オープン見た時に根元になんも書いてなかったからね、てっきりキースアンディ純正でmスペック使ってんのかなと思った次第です

 

でも、厳しい第三者の目(チャレマで直接聞く事)で314って判明したのならもう僕は非を認めるしかあるまい

 

誠に申し訳ありませんでした😉

 

mスペックだという誤情報に踊らされて、衝動買いしちゃったお茶目さんがいたらお詫びとして僕のブログ荒らす権利を与えましょう

 

はい。イグナシオのシャフト間違えた件は終わり!

 

次!

 

ヨハン・チュアのファールについて!

 

http://anri-sanson.hatenablog.com/entry/2016/06/27/183058

 

ちゃんと赤狩山さんに聞いて参りました

 

チュアのファールは、、、

 

なんと、、、

 

 

まさかの、、、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

二度撞きでしたぁ☺️

 

ちなみにあのファール、審判も赤狩山さんもわからなかったそうでチュアの申告がなければ闇に葬られ続行出来たそうです

 

しかしそこは漢チュア、自己申告で負けを認めましたとさ

 

赤狩山さん曰く「彼は誤魔化すようなずるい青年ではない。むしろ熱い青年だ。」←一語一句覚えてないけどニュアンスはこんなん

 

だそうです

 

うーむ。ジェントルマンですな

 

ビリヤードは紳士のスポーツである

 

口パンチなど言語道断なのだ!(白目)

 

 

 

 

てか、今更だが

f:id:anri-sanson:20160711095624j:plain

314のロゴの話

 

ロゴ消した的な?

 

確か工房に頼めば消せたよね

 

とりあえず、以上!

 

次回は、重い玉だの軽い玉だのについて書きたい(聞きたい笑)と思います

 

人間の眼では判断できない球

f:id:anri-sanson:20160705124549j:plain

59でもセットマッチでも、疑惑の判定ってありますよね

 

だいたい9番絡ませに行く時です笑

 

大きな試合なら怪しい球つく前は運営なりにチェックを頼みます

 

が、平場ではそんなこと滅多にないでしょう

 

そもそも、審判にチェックを頼んでも本当に難しい球は目視じゃわからないです

 

配置的にこれがこの方向に転がるのはありえないからファール。とかはありますけどね

 

でもそれすらも通用しない配置が来たら?

 

youtu.be

 

これぞ科学

 

人間の英知はプールテーブルを超越したのだ。。。

 

スト様とデシャインの試合の一幕です

 

試合での判定はファールでした(9番から当たってる)

 

で、スト様怒る

 

後日、動画主がこの「バーチャルプール4」というソフトを使い検証

 

そして導かれた結果は、ファール

 

はい、人間の目は正しかったです

 

「すごいね、人体😊」

 

でもこれである程度はファール献上したほうも、もらったほうも納得いくのではないでしょうか

 

これがゲーム中にも判定できるようになれば、テニスのチャレンジ制度のようなことも可能になるのではなかろうか

 

この動画の球も、もし9番入っていたらファールかファールでないかでその試合は大きく変わりますからね。

 

もっというと選手としてのキャリアにも大きく響く

 

だから、こういう科学的なアプローチで判定するのは私は賛成です

 

では

 

 

 

 

 

嗚呼、関東オープン 〜参考にしたいプロ(ようするに、マイブーム)〜

イグナシオ、優勝しちゃいましたね〜

 

あの土方プロ相手に8−1はやばいよ

 

現地では見てないですが、ユースト観戦しておりました。

 

見てない人のためにどんな感じだったかと伝えますと、

 

入れすぎ。早すぎ。強すぎ。

 

はい、そんな感じです

 

圧倒的ですよ。本当。

 

ですので、今回も渋谷で行われた予選の感想その2です

 

単刀直入にいいますね

 

西嶋大策プロが半端じゃなく上手いです

 

まず、捻らない

 

正確には、イレに影響が出るような捻りは使わない

 

ですので的球と手球が絶対に暴れません

 

だから、ピンピンで渋くても問題なく入ります

 

そしてポジションが正確なので派手な球を撞く必要がないとも言える

 

大きく回したり、きつく逆切ったり、一切ありません

 

頭ではわかっていたものの、「組み立てってこういうことだったのか」と改めて衝撃をうけました

 

次に立てキューの正確さ

 

キュー立てているのに、手球が跳ねません

 

実際は微小なバウンドはしているのでしょうが、立てキューなのにとにかく手球が綺麗

 

正直謎

 

よほど綺麗にインパクトしているのだと思われる

 

そしてセーフティ

 

もうこれは手球コントロールが上手いとしか言いようがないです

 

ビッタビタ

 

絶対カイルンとか上手いですわ笑

 

赤狩山さんをしっとりって形容するじゃないですか

 

西嶋プロはしっっっとりって感じです

 

というのも、西嶋プロは病気の関係で動悸が激しくなることは絶対にNGなのです

 

ですのでブレイクは本当抑えてます

 

正直相当なハンデになっていると思われる

 

昨日見た選手達の中でも一番ブレイク抑え目でした

 

といってもマスワリばんばん出るんですけどね(白目)

 

とにかく!

 

西嶋大策プロ!

 

「上手い」です。天才ですね。練習の賜物なのは重々承知ですが。

 

アマでジャパンオープン獲るだけあります

 

ということで、なにか参考になるプロいないかなーというあなた

 

西嶋大策プロを観るのだ!!!

 

文章じゃ表現できないから割愛したけど、本当細かい撞点管理すごかったなあ

 

トニー・ドラゴの真似するよりはいいと思うよ!(いまどきいないか)

 

では

 

f:id:anri-sanson:20160703225759j:plain

 

 

嗚呼、関東オープン

f:id:anri-sanson:20160703013044j:plain


↑イグナシオのブレイク後ろ姿


東オープンの予選を観て、球代がなかったり、なけなしの金で出たBC戦ヒルヒルで球触り(ただの自爆)で負けたりで若干萎えかけていたビリヤード熱が一気に再燃しました


僕のものすごく勝手な偏見ですが、日本のプロってすごく撞くのが遅くて、セーフティばっかで、入れても出してもいつも首傾げてるイメージなんですよ


もちろん例外はいますよ


でも大半はそうだと思っております


YouTubeとかで日本の試合観てるときの寝落ち率半端ないですからね


「いや、試合だから遅いのであって平場では早いよ。知ったか乙」みたいな指摘はノーサンキューで


金貰ってるからプロな訳で、観客ありきな訳で、観る人いなくなったら競技として成り立たない訳で


そこらへんはキリがないので、今は自重笑


まあそんで関東オープンですね


予選観に行きました


渋谷キューへ


一番の目当ては敬愛すべきジェフリー・イグナシオです


が、小川ノリオ君とか喜島さんとか、他にも観たい人はいっぱいいました


とりあえずまずはイグナシオ


彼のテーブルだけ試合進行が倍速、いや3倍でしたね


赤い彗星でした←シャアとイグナシオの今の髪色(赤髪)掛けてます☺️


あ、あとキューはキースアンディでシャフトはmスペック。グリップはトカゲでしたね


取り組みに国民性が出ており、フィリピン特有のやたら順を使う取り切りです


よくみないと、ただの球なりマンにしか見えない(それでも上手いが)ですが、よく見ると本当に上手いです


出来配置に持ってく技術がすごい


本日の渋谷キュー、冷房ガンガンでクッションがハイパーぴんぴんでした


みなクッションに苦しんでるようでイグナシオも例外ではなかったです


セーフティは中途半端、レールショットはガコるわ、ポジションやらかすわで大変そうでしたね


それでも彼のライン出しは冴えてましたね


うん、贔屓目すぎて収拾が付かぬ笑


ようするに、別格でございました


準決の大西プロ対イグナシオがベストバウトかな


西プロ、本当に惜しかったです


9先でイグナシオ8-大西プロ5の時の大西プロのセーフティミス


そしてその時の彼のものすごい悔しがりよう


一瞬本気でキューを叩き折るのかと思いました


その日感情を露わにしてなかったのですが、その時だけは感情が出てましたね


で、確かにそれが彼の最後のショットでした


あの悔しがりよう。これは取り切られるってわかったのだろうか


正直トラブル気味な場所があったり嫌らしい配置だったのでワンチャンス来るかなと僕は思ってたのですが、来ませんでした


ピッチャーが打たれた瞬間ホームランと確信して見向きもしない的なやつなのかな


でも見ていてすごく気持ちが伝わってきましたね


あんな試合だったら、普通にプロスポーツとして成り立つと思います


無料で観戦してるのが申し訳ないくらい


感動しました


てな感じで関東オープンでのイグナシオネタはこんなもんかな


まとめると、早い。入れる。出る。隠れる。ですね。


あとは、髪が赤いとか、昼飯マックとか、相変わらずハスリンシャツ着てるとかかな


あ、キューはキースアンディのmスペックね


これ重要


はい!以上です!


決勝はアマの人(名前失念)とでしたが、一瞬で終わってましたね


10ボール9先で30~40分でした


赤い彗星ですわ(二度目)


関東オープンネタ、まだ続きます